• 体外受精

    IVF治療の流れをご紹介します。

    ざくろライフのIVFパッケージに含まれているもの

    ステップ1:準備

    ドナーを決定後、患者様に合わせたスケジュールが組まれます。

    IVFプロセスに向けての準備を開始します。

    ピルの服用を開始し、ドナーの排卵期と合わせます。

    ステップ2:ベースライン検査

    ドナーのベースラインテストでは、ウルトラサウンド、ホルモンテストを実施し、排卵可能かどうかをチェックします。

    嚢腫が見つかった場合、自然に治癒するのを待つため、治療が1週間ほど遅れることがあります。

    ステップ3:排卵

    ベースラインテスト後、10日間のホルモン注射をし卵胞を刺激します。

    ステップ4:トリガーショット

    卵胞が十分採取可能なサイズになると、ドナーは最後のhCG注射をします。

    ステップ5:卵子採取

    hCG注射してから36時間後、ドナーには鎮静剤を与えられ、膣からカテーテル(ガラス製の細い針)による採卵をします。

    採卵による副作用はあまり一般的ではありませんが、ドナーがもし卵巣過剰刺激症候群(OHSS)を発症した場合には安全かつすみやかに対処します。

    ステップ6:受精

    エンブリオロジスト(胚培養士)が卵子の質を検査します。良好な卵子と受精させるため、パートナーの精子は洗浄され、良好な精子が培養器(インキュベーター)に入れられます。

    ICSI(顕微授精法)が有効かどうかは、エンブリオロジストがこの段階で判断します。

    ステップ7:胚移植

    5日間培養された胚は胚盤胞と呼ばれ、患者さまの子宮に移植されます。

    胚盤胞が子宮内膜に着床し落ち着くまで、30〜2時間かかります。

    ステップ8:2週間待機

    胚移植から2週間後に妊娠検査をします。この期間、プロゲステロンを摂取するのがとても重要です。

    心拍と体温を一定に保つことがより良い移植につながります。

    ステップ9:妊娠検査

    2週間後に妊娠検査をします。妊娠が確定したらその後8週間、プロゲステロンを摂取することになります。

    もし妊娠が確定しなかった場合、プロゲステロンの摂取をやめ、また次の体外受精へのプランに移ります。凍結した胚がある場合、迅速にFET処置を行う手続きをします。